トップイメージ

銀行カードローン審査落ちても全然大丈夫!

信用情報特集もありますので、信用情報について詳しいことはこちらで解説しております。ちなみに自分の事故歴が信用情報機関に登録されているかどうかということについては、CICに対して情報開示請求をすることによって確認することができます。上で他社からの借入があっても返済能力があれば審査に通ることができる、と書きましたが、中には例え返済能力があったとしても、審査に落ちてしまうことがあります。などがあります。上で自己破産をするとその情報が信用情報機関に記録されると言いましたが、実は自己破産をはじめとする"事故歴"は、一度記録されたとしても一定期間が経過すれば、消えてしまいます。それは、他社からの借入金をきちんと返済していない場合です。 信用情報がきれいな人は、過去に借金をしたり、クレジットカードを使ったりといった履歴がまったくないということなので、ちゃんと返済をしてくれるのか未知ですし、最悪の場合、架空の人物や、本人でない可能性もあるからです。このように表示されれば、晴れて契約可能!!ということになりますが、最後の最後に人間による決裁が必要となります。いくつか例をあげてみましょう。審査の上で見られるのは、大きく分けて、このように、申込者の情報を把握することで、「その人が貸したお金をちゃんと返せる人なのかどうか?」というのを判断するのです。

氏名、生年月日、住所、勤務先、年収など、基本的な個人情報をすべて登録します。当然、身分証明書の提出も必要です。消費者金融からお金を借りたい。現在の消費者金融業者は、いくら貸し付けをするかではなく、いかに貸し倒れのリスクを避けるか、もしくは分散できるかに重点をおくようになってきています。またこの他にもカードローンの審査においては上記の他にも、申込者の雇用形態や勤務先、持ち家の有無、家族構成など、様々な要素が考慮されます。カードローンの審査においては、他社での借入状況についてもチェックされます。30日を超えると、契約もお断りとなる可能性が高いです。というのも、確かに既に他社からの借入があるという場合、それがない方と比べると審査に通りにくい傾向にあります。しかし、他社からの借入があるからといって必ず審査に通ることができないのかというと、そんなことはありません。。

パートやアルバイトの主婦カードローンで審査される3つのポイントでも、そのため自己破産をしてからある程度の期間が経過すれば、またカードローンの審査に通る事もできるし、借入をすることができる可能性はあります。短期間で複数の金融機関に申し込んでいる状態であるもちろん既に契約をしている方の追加融資も年収の3分の1まで、となります。同じ年収の方でも、他社で借入をしている方と他社で借入をしていない方とでは、返済能力も変わってきます。他社でも借入をしているということは毎月返済しなければならないものも多いということですので、返済能力が低いと判断されてしまうことがあるのです。

カードローンの返済を焦げ付かせてしまった場合、その情報は信用情報機関に登録されます。カードローンの審査では業者が申込者の信用情報を信用情報機関に照会しますので、他社で借入をしていてその返済を焦げ付かせてしまっている場合には、審査に落ちてしまうのです。カードローンの審査においては、過去の事故歴についても調査されます。そもそもカードローンの審査において判断されるのは、申込者にお金を貸した場合に、きちんと返してもらうことができるかどうかという点です。銀行の個人向けローンは、審査が厳しかったです。各カードローンや消費者金融の中で、大手消費者金融に限っての事ですが、実は審査通過率というのを公式のデータから見る事ができます。審査通過率というのは、その名の通り審査に通る確率ですから、これが高い会社が最も借りやすいカードローンというわけです。カードローンの申し込みをする際は、他社借入の有無についても必ず申告しなければなりません。カードローン事業を展開しています。

申込者の雇用形態や勤務先

私は、2004年から2010年までの6年間某大手消費者金融会社に勤務していました。銀行等がカードローンの申し込みを受けた場合、必ず信用情報機関に対してその申込者の信用情報を照会します。そして情報を照会した結果、申込者が過去に支払いを焦げ付かせた事や債務整理をしていたりすると、ほぼ100パーセントの確率で、借入をすることはできません。といっても、通常の受け答えが出来ればなんら問題はありませんのでそこまで気にしなくても大丈夫だと思われます。ですが、消費者金融業というのは、無担保無保証でお金を融資するわけですから人物を信用する以外に担保がありません。何年間勤めているのか。

家庭があって持ち家があって、長くその家に住んでいて自宅の電話がある、ということは、この先しょっちゅういろんなところへ転々と引っ越しをしたり連絡が取れなくなる可能性も低い、ということで信用度が高くなります。実際、消費者金融各社は詳細な審査基準を公表していませんので、そう不安に思うのも無理はありませんね。金利が安く借入限度額も大きいのが特長です。過去に自己破産や任意整理をしているという方でカードローンの審査に通るか不安であるという方は、申し込みをする前に、CICに対して情報開示請求をしてみることをおすすめします。

3他社からの借入状況、過去の取引の状況 そもそも審査というのはその人にお金を貸した場合にきちんと返してもらうことができるかどうかということを判断するためのものです。そうすると業者側としても、過去に借りたお金を返すことなく自己破産した人に対して貸付けをすることはできなくなってしまうのです。借入審査甘いキャッシングの審査では、この信用情報が一番重要なポイントと言えます。過去の事故歴収入が多いか少ないかよりも、収入と借入金額の割合が重要になったのです。皆さん、最初はそう思うのではないでしょうか?

審査の最後の方

独身なのか、家族がいるのか、固定電話があるのかここからは私の働いていた会社での基準となりますが、まず、他社で4件の借り入れがあるとその時点でお断りです。2総量規制に沿った借入かこのため、信用度の高い会社に長年勤めていて、年収が何千万円あろうとも、年収の3分の1を超える金額の借り入れ希望が通ることは絶対なくなりました。銀行カードローンを組めるようになりました。審査の最後の方では、実際にそこで仕事をしているかどうか、担当者が個人名で勤務先に電話をかけて在籍の確認をとる事になります。勤務先についても同様に、長く勤めているということはこの先も毎月安定した収入が見込める、ということで信用度が高くなります。大切なのは、「安定した収入があるかどうか」ということです。

そのため例え他社からの借入があったとしても、その借入分の返済をしてもなお新たに借り入れをした分の返済をしていくことができると判断されれば、審査に通ることは十分に可能です。しかし、キャッシングの審査では、次からの項目の方が判断材料としてより重要です。これだけでは一概に返済能力がないとは言えませんが、初期延滞が発生するということは、延滞をする要素があるということになり、複数の金融機関に申し込んでいるということは、複数社で借りまわりをする可能性があるということで、信用度が下がります。

そして、その審査において必ずチェックされるものに、申し込みをした個人の信用情報があります。支払いを焦げ付かせたり任意整理をしたり、自己破産をしたりすると、ブラックリストに載ってしまう、などとよく言われますよね。申込者の属性では、実際のところはどうなのでしょうか。それぞれのカードローン会社で審査を行いますが、借りやすいカードローンと借りにくいカードローンというのがあります。では、カードローンの審査では、どういったことが審査されるのでしょうか。私が勤めていたときは、結構詳しいところまで突っ込んで聞くので、嫌がられることもよくありました。

返済を延滞している状態

銀行カードローンは、消費者金融よりもあくまでも私の勤めていた会社の基準となりますので、会社によっては審査の項目も違えば審査の仕方自体も違う場合もあるかもしれません。申し込み方法は、店頭、電話、自動契約機など色々ありますが、どの申し込み方法を使ってもスタッフ(受付担当者)と話す機会が必ずあります。(審査項目に関する聴取で)長期でなくても、現在他社で返済を延滞している状態である。ただし、私が勤めていたときのことを基準にしていますので、今も同じようになっているかはわかりません。あくまでも参考程度にしてください。

その人がきちんと返せる人かどうかを判断する材料として、先ほどあげたような、申込者の属性があります。カードローンの審査においてはまず、収入面が審査されます。きちんと安定した生活を送っていて、他社の借り入れが少なく、誠実である人が審査に通りやすいと言えるでしょう。過去に支払いを焦げ付かせたことがあったり、任意整理や自己破産をしたことがあったりする場合、その情報はすべて、信用情報機関に登録されています。

これによって、借入の総額は、その人の年収の3分の1までという絶対のルールが大前提となりました(総量規制の特集もありますので、あわせてご確認ください)。詳しい内容を聞いていきます。審査結果は、私たち受付社員のパソコン上に表示されます。(私の会社の場合)例えば同じ年収が300万円の方でも、毎月25万円の収入がある人と、1月に200万円入ってきて、それ以外の月は9万円程度の収入しかない人とでは、毎月25万円の収入がある人の方が審査には通りやすくなるのです。銀行カードローンを利用する人が増えています。

ページトップへ