トップイメージ

キャッシングの審査

そこに何年住んでいるのか、家賃はいくらかこれから順を追って説明していきます。しかし、2010年に貸金業規制法という法律が施行され、「総量規制」により、個人は年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。ただ逆に、住居は賃貸、独身で、年収が少ない場合でも、年収の3分の1までの借り入れ希望であれば、審査に通る可能性が十分にあるともいえます。延滞があると、金額が下がる可能性がありカードローンの申し込みをすると、業者側による審査が行われます。では、一度自己破産をした場合、永遠にカードローンを利用することはできないのでしょうか。総量規制に沿った借入かキャッシングの審査で一番最初にすることが、あなた(申込者)の情報の登録です。また、過去の取引で3ヶ月以上の長期延滞があったり、債務整理(自己破産、民事再生など)をした履歴があるとその時点でお断りです。コンピューター上では50万円まで融資可能とあっても、極端な話、決裁者(社員)の判断で「契約すらお断り」となる場合もあるのです。

収入が多いということはそれだけ返済能力が高い傾向にあるということですので、当然と言えば当然ですね。ちなみにこの年収ですが、多ければいいというものではありません。過去に取引がある人の方が、今まで借り入れをしたことのない人よりも信用度が高いと判断される場合もあります。確かに、過去においては、借り換えも視野に入れてみては!?私が勤めていた会社では、最終学歴の卒業年月、奥さん(旦那さん)の名前、生年月日、子供の学校は公立か私立か、なども調査項目にありました。「融資可能額50万円」限度額内であればカードを利用して何度でも借入をすることができるカードローン。カードローンはとても便利なサービスですが、借入をするためには審査に通らなければなりません。年収現在の自宅が賃貸なのか、持ち家なのか。

他社からの借入状況、過去の取引の状況過去に自己破産した場合、借入をすることはできるのかそして、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているため、ある程度まとまった額の借入をすることが可能です。そこで現在複数社からの借入をしているという方は、銀行カードローンを利用して借り換えをすることを検討してみるのもいいと思います。そして他社借入がある場合、いくらの借入があって毎月の返済額はいくらなのかということについても申告する必要があります。他社から既に借入をしているという場合、カードローンの申し込みをしても審査に落ちてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

きちんと支払いしてないと審査落ちに最近では、銀行は消費者金融会社を傘下においてカードローンの申し込みを受けた金融機関や貸金業者は必ずその申込者の情報を信用情報機関に照会するのですが、その結果、その申込者が過去に自己破産をしたことが記録されていた場合、カードローンの審査に通ることはまず不可能です。ここであなたがどのような仕事をしているのかあなた(申込者)の属性について根掘り葉掘り聞きます。しかし、今までに借り入れがなく、信用情報がきれいな状態が有利かと言うとそうでもないのです。

今回はそのときの経験、知識を生かし、一般的にキャッシングの審査がどういうもので、どんな人が審査に通りやすいのか?についてお話していきたいと思います。その期間がどのくらいなのかということについては諸説ありますが、一般に、自己破産をしてから5年から8年も経過すれば、その情報は消去されると言われています。他社借入がある場合、新たな借り入れをすることは難しいのでしょうか。答えは、YESでもありNOでもあります。

そしてこの返済能力の有無を判断するにあたって最も参考になるのが、その人の収入なのです。どのような人が審査に有利か?については、キャッシングの審査テクニック!通らない理由と対策でさらに詳しく解説しております。受付担当者が、そのときの対応に疑問を感じたり不信感を抱いたりすると、「この人はなんだか...」と一言添えたりすることがあります。勤務先はどのような会社なのか、審査が厳しいのではないか?あなたが誠実そうな人かどうかも重要なポイントとは?

カードローンの審査において判断されるのは、その人の返済能力です。個人的な意見ですが、私が6年間毎日見てきた新規顧客の審査の結果から統計すると、上記項目の中では、やはり勤務年数、健康保険の種類が特に重要な項目だったように思います。当日に4、5件以上の照会件数があると、金額が下がる可能性があります。最近はネット上で情報開示を求めることができますので、2日もあれば自分の事故歴が記録されているかどうかを知ることができるでしょう。そういった行動は、審査にも大きく影響を及ぼす場合があるので注意しましょう。これまで述べて来たようなあなたの情報(主に属性、信用情報)から、契約できるかどうか、いくらまで融資できるか、などのことを各会社独自のシステムで計算し、判断します。

既に他社から借入をしている方で新たにカードローンの申し込みをしたいという方は、現在の借入金の返済が期日通りにできているか、今一度確認してみてください。また、勤務先が公的機関であったり、大手の会社であればなおさら信用度が高いと判断されます。これらはすべて、キャッシングの審査のみならず、社会一般で言われる信用度とも同じですね。銀行が顧客に対して貸付けをする際、最も気にするのは「この人にお金を貸したとして、きちんと返してもらうことができるのだろうか」という点です。

過去に自己破産した場合は借りれる?6年間、某大手消費者金融会社の支店で営業事務員として勤務。現在は1児の母となり、日々、家事に育児に奔走中。今は家庭の財布と、旦那さんの財布をしっかり管理しています!以前は、年収や信用度が高ければ、複数の会社から多くの借り入れをし、借入総額がその人の年収の半分を超えている、なんていうケースもよくあったと思います。

ページトップへ